2009年05月18日

風雅舎&宝塚ガーデンフィールズ

IMG_4037.JPGIMG_4041.JPGIMG_4044.JPGIMG_4053.JPGIMG_4063.JPG

5月6日

ゴールデンウィーク最終の2日間、娘と兵庫県へ。
自分で車を運転して淡路島を渡っていくのは初めてなので、ちょっと緊張しました。
ナビをたよりに娘のサポートで、なんとか渋滞にも巻き込まれることもなく、
予定通り10時過ぎに風雅舎に着きました。
まずモデルガーデンを見学、木も一段と大きくなっていい感じでした。
そして苗売り場へ、とっても充実した品揃えです。
低木から下草、ハーブ、山野草、ないものがないんじゃないかと思うくらいです。
珍しいものはやっぱりお値段も高いですが、以前より全体的に安くなったような
気がしました。
それだけ風雅舎さんが広めた植物が、世の中にたくさん出回るようになったと
いうわけですよね。
風雅舎さんは、日本のガーデニングを面白く楽しくしてくれたリーダー的な存在。
私も加地先生の『花の庭を作ってみよう』の本を何度も何度も読み返し、
お庭を作ってきた一人です。
今日もまた欲しい苗が・・・、あれもこれもとあっという間にかごがいっぱいに
なりました。
素敵な苗をみつけたら自分のお庭で育ててみたくなりますよね。
何年たっても、こんな仕事をしててもついつい買ってしまいます。
そしてこちらのカフェでランチをいただきました。
緑に囲まれたコンサバトリィーのような気持ちいい空間で、
新鮮なお野菜のスープ、サラダ、パン、美味しくって娘も大喜びでした。
お昼から宝塚ガーデンフィールズへ。
駐車場も満車で大勢の人が来ていました。
やっぱりいつ来ても素敵です。
毎回見せ場がちゃーんとあって、今回は紫のクレマチスが目をひきました。
黄緑色の葉っぱが素敵なアーチに絡ませたり、壁面にはわせた斑入りの
ぐみに絡ませたり・・・。
カラーリーフとの対比がとっても素敵でした。
明るいパープルとレモンイエロー、イギリスらしい色の組み合わせですよね。
さすがポールさんです。

                  Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。