2010年08月16日

北海道 庭めぐりの旅

s-IMG_1923.jpgs-IMG_1881.jpgs-IMG_1906.jpgs-IMG_1910.jpgs-IMG_1911.jpg
北海道の庭は北海道らしいお庭でした。
あこがれのガーデンでした。

その土地や気候でしか表現できない庭のあり方を考える
いい機会になりました。

ガーデンの仕事をしている女姓4人の北海道の旅、あっという間の三日間でした。
みなさん、いろいろとお世話になりました。
今回も楽しい時間をありがとうございました。
昼も夜も楽しかった・・・ですね。
お庭めぐりも良かったけど、何をたべても美味しいのがなんといっても最高・・・。
北海道っておいしいどーう。

Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道 庭めぐりの旅

最終日の午後は、えこりん村へ。

北海道に住んでいる人によると、ここへ家族連れでやってきて、お庭を見て、
お買い物もでき、おいしいご飯も食べれて一日すごせるいいところという
情報のもと、なんの下調べもせず半信半疑で寄りました。
まず『銀河庭園』へ。
入場していきなりどこかで見た「ツリーハウス」が・・・?。
そしてどのお庭もまるでイギリス。
途中ドラゴンのお庭があり、これもどこかで見たような・・・?
そうそう、初めて行ったイギリスのチェルシーフラワーショーで、
とっても印象的だったドラゴンにまちがいありません。
そしてボートセイリングのフェンスのあるお庭。
これも確かチェルシーフラワーショーで見たような・・・。
それもそのはず、チェルシーフラワーショーで何度もショーをもらっている
イギリスのガーデンデザイナ・バニー・ギネスさんが作ったお庭でした。

広大な敷地に30もの素敵なガーデンがあり、もっとゆっくり
堪能したかったです。
そう、お弁当とワインの入ったバスケット持って・・・ガーデンピクニック。
日本にもあるんだ…イギリスみたいなところ・・・。

もうひとつびっくりしたのが、このガーデンテーマパークを運営しているのは、
ビックリドンキーなんだそうです。
ホント、びっくりですよね。
こんな文化的なテーマパークを作るなんてすばらしいと思いました。

最後に今回の旅で『北海道ガーデン』の魅力について感じたことをまとめておきます。
@ガーデンの借景がどこも素晴らしかったこと、借景を上手く取り入れていてダイナミックなお庭ばかりでした。
A梅雨がなく蒸れる心配がないので、環境をうまくお庭作りにいかしていて、植物を密植し群生して存在感がありました。
B光線の違いなのか、気候の違いなのか花色や葉色の美しさは格別でした。特に紫色や青色のお花。
C草丈の高い植物を群生させて、草花だけでもボリューム感がありました。
posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。