2011年07月05日

ローズ・オブ・ザ・マナー

コッツ ウォルズの最終日はを華麗なマナーハウスであるローズ・オブ・ザ・マナー。
※マナーハウスとは、昔貴族が使っていたお屋敷などを現在ホテルとして使われているものの事です。
1649年に建てられたアッパー・スローター領主の館を改築したホテルです。

バラのローズだと思っていたら・・・。

s-P1020513.jpg

s-P1020430.jpg

広大な緑の敷地の中に重厚な館。

s-P1020229.jpg

マナーハウス全景・・・・広い敷地に重厚なたてものがしっくり。
とにかく建物、庭の雰囲気は最高です。まさに中世にタイムスリップしたようです。
フロント・ガーデンは、アフタヌーンティーも楽しめます。

s-P1020821.jpg

バック・ガーデンはお花が咲き誇っています。

s-P1020670.jpg

s-P1020673.jpg

中庭の真ん中には古井戸が・・・。

s-P1020729.jpg

どのお庭もステキな庭で、手入れが行き届いており、貴族の館とよく合います。

s-P1020499.jpg

1階のサロンです。

s-P1020758.jpg

2階のお部屋に案内されました。
お部屋の名前、素敵な名前だけれど覚えられなくって・・・。
インテリアもクラシカルにしてモダンな貴族風。
アンティーク家具がステキ!
窓からの眺め絶景です。

s-P1020766.jpg

s-IMG_8711.jpg

カーテンのフレンジが大人かわいくって素敵でした。
クッションやランプなど調度品すべてがお洒落で、センスよくまとめられています。

寝心地のいいベッド

s-P1020179.jpg

お庭の眺めのいいゆったりとしたバスルーム。

s-P1020182.jpg

s-P1020203.jpg

アメニティーはロクシタン。

s-P1020206.jpg

窓をあけて雄大な風景を見ながらゆっくりバスタブにつかり、妄想にふけました。
日本に帰ってからの我が家のインテリアの改修計画の夢がどんどん膨らみました。

全てのお部屋が違うインテリアで、それぞれのお部屋を見て回るのも楽しいものです。


ディナーは、ドレスコードで!

s-IMG_8775.jpg


そして、なんと、ここの自慢は実はお料理!

イギリスの料理不評も、ここでは吹き飛びます!。

s-P1020450.jpg

s-P1020454.jpg

味付けも、あっさりしていて、量も適度で日本人好みのディナーでした。

一夜だけでしたが、とっても優雅な時間を過ごすことが出来ました。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。