2012年06月29日

ベルギ―のエレガントなお庭

初吉谷桂子さんと行くオランダ、ベルギーの花と美食のライフスタイル探求の旅。

始めて見るベルギーのお庭はエレガントなお庭でした。
バラが1001本あるそうですが、まだ時期が早くて咲いていたのはほんの少し。

s-P1030927.jpg

手入れの行き届いたボックスヘッジがきれいで、お花が少なくてもいい感じ・・・。

s-P1030952.jpg

s-オランダの旅. 1577.jpg

ヘッジの幅が薄くきゃしゃ、しかも角がやわらかな曲線なのでとってもエレガント。
ヘッジの中は、ほとんどキャットミントでした。

s-オランダの旅. 1569.jpg

s-オランダ・ベルギー2012 269.jpg

ベンチやコンテナ、飾ってる小物もおしゃれなものばかり。

s-オランダ・ベルギー2012 268.jpg

庭主のリース・ヴァンデンベルグさん、日に焼けた肌がとても印象的なマダム。
彼女が35年かけて作り、手入れもほとんど一人でやってるそうです。
庭仕事も自らやってるので、日焼けしてるのですね。
日焼けが似合うって女性ってかっこいい!!!
彼女いわく「私の夢は、庭も私も時間を経てエレガントになること」だそうです。
なんて素敵なんでしょう。
彼女のこの言葉聞けただけでも、ベルギーに来てよかったなあって思いました。
目指すはエレガンス.。
すぐに影響されてしまう私です。(笑)


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。