2013年01月16日

アフタヌーンティー

イギリスといえば、アフタヌーンティー。
フォートナム&メイソン本店へアフタヌーンティーに行きました。
ピカデリーサーカス近くの1707年創業の老舗、英国王室御用達の紅茶で有名な
フォートナム&メイソン内のレストランです。

s-2013イギリス 387.jpg

受付で、アフタヌーンティーって言ったら、英語でいっぱい言われて???
片言の単語で応えてたら、ますます英語攻撃。
何を言ってるのかさっぱりわからなくって
『日本語しかわかりません』って日本語で言うと通じたらしく
『 Just a moment 』って言われました。
しばらくすると、日本語がしゃべれるウィイトレスさんがやってきて
席に通されました。
やっと落ち着いてまわりを見渡すことが出来ました。
ペパーミントグリーンを基調に英国らしいエレガントなインテリアです。

s-2013イギリス 393.jpg

そしてきれいなメニュー書きが配られ、説明をして下さいました。
彼女のおすすめを頼むことに・・・。
お昼抜きで歩き回っていたので、お腹はすいてるし喉はかわくし・・・。
シャンパンもお願いしました。

s-2013イギリス 399.jpg

まずシャンパンがでてきました。
そして3段重ねのティースタンド、一番下にサンドイッチ、真ん中にスコーン、
一番上にケーキ。
そして紅茶、素敵な茶器です。

s-2013イギリス 396.jpg

s-2013イギリス 404.jpg

サンドイッチは上品なお味で、特にサーモンが美味しかったです。
スコーンも美味しかったです。クロテッドクリーム、絶品でした。

s-2013イギリス 405.jpg

ケーキは、お腹いっぱいになって、少しだけ口にしただけ・・・。
私には甘すぎでした。
隣の席のイギリス人は、紅茶もケーキもおかわりしていました。
7、8歳の子供までケーキを追加して嬉しそうに食べていました。
現地の人は胃が大きいのね。

約二時間ほど、ゆったりとした素敵なアフタヌーンティーを楽みました。
結構頻繁に、お店の人が「追加はいるか?」と聞いてくれましたが、
お腹いっぱいで、おかわりなんかできません・・・。
いくら食べても飲んでも価格は同じなんですって!

一人6000円くらいかかりました。
ちょっと値ははりますが、品格ある空間、優雅な気分、試す価値ありだと思います。

ちなみにここのアフタヌーンティー、予約した方がいいみたいです。
アリスさんは、予約なしだったので断られたそうです。
私も本当は断られたのかもしれませんが・・・、英語が通じず粘り勝ち?


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。