2013年01月31日

ピーターシャムナーセリィー

キューガーデン駅の次の駅がリッチモンド駅。
リッチモンドと言えば、憧れのガーデンショップ『ピーターシャムナーセリィー』。
朝、キューガーデンへの地下鉄のラインを調べていて、とっても近いことに
気がつきました。
帰国の日なので時間があまりなかったのですが、どうしても行きたくって・・・。
リッチモンド駅で降りて、タクシ―で10分。

s-2013イギリス 803.jpg

入口には、やはり花車があり、冬の植物をいっぱいのせて迎えてくれました。
大きな温室がいっぱいあって、その中が素敵にディスプレイされています。

s-2013イギリス 811.jpg

球根植物の花車、とってもおしゃれ。
ブリキの器に植えられた球根さん、ちょっぴり見えててかわいい・・・。

s-2013イギリス 872.jpg

大好きなアスティエのコーナーはあいかわらず素敵です。

s-2013イギリス 815.jpg

実は私はここで、アスティエの食器に一目ぼれしたのです。

s-2013イギリス 894.jpg

大きなコンテナに植えられてるヒアシンスさん、かっこいい!

s-2013イギリス 878.jpg

s-2013イギリス 879.jpg

月桂樹の足元、モミの木の枝をおいてるだけでいい感じです。

s-2013イギリス 901.jpg

枯れたままのアナベルのお花がついた大きなコンテナが、いっぱい並んでいました。
とってもかっこよかったです。

s-2013イギリス 881.jpg

あいにくレストランもカフェもお休みでした。

初夏に来た時も感動しましたが、冬のお店も感動でした。
日本だと、冬のガーデンショップは寒々しいイメージですが
イギリスのガーデンショップはさすがです。
冬は温室でお買い物できたらいいですね。

今年はガーデンズマーケットをバージョンアップしたいと思っています。
ハイセンスでナチュラルな感じ・・・。
プロヴァンスの田舎風の雰囲気が漂うこのショップのようなお店に
したいなあと思っています。
めざせピーターシャムナーセリィーです。



posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 20:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。