2013年04月19日

れんがやさん

この冬に、6000個のレンガを焼いていただいたレンガ工場に行ってきました。

s-ドッグラン・れんが 008.jpg

牟礼港に面してて、岸壁にレンガがいっぱい積んであります。

s-ドッグラン・れんが 010.jpg

今、和風の住宅の駐車場を、西洋風にしたいと改修中で、
たくさん積み上がったレンガの中で、似合いそうなものがあったので、
サンプルをいただきました。
その現場に使いたいレンガのイメージは、レンガらしいレンガ色。

s-ドッグラン・れんが 014.jpg

10年以上前まで、香川県でも大きな煉瓦屋さんが他にもあり、お庭でレンガを
たくさん使っていました。
摘み上がってるレンガ置き場に、現場に似合う物をさがしに行ったものです。
あのころは、地元のレンガは価格が手ごろで、しかも運賃がかからなかったので、
たくさんレンガが使えたのです。
今は、煉瓦屋さんがたくさん倒産し、残っている煉瓦屋さんも、大手メーカーの配下となり
流通や、燃料高騰などの関係でレンガが高くて、使いにくくなりました。
以前は1個が100円前後のものが手に入っていましたが、今はカタログベースで
表示価格が350円から500円。
レンガ敷きに1平米あたり50個いるとしたら、以前はレンガ代が5,000円だったものが、
今は25,000円になってるのです。
例えば、幅が1mで10mのアプローチを敷くと、レンガ代に20万円もの差が
あるんですよね。
結局今は、レンガより石が安くなり、敷材として石が使いやすくなってるのです。
残念ながら塀も、今やブロックや塗り壁が主流になってしまいました。
レンガの塀をしたくても、予算があわないのです。

でも、ブロックや塗り壁は、年月と共にかなり色が変わっていきますが、
レンガを使っているお庭は、いつまででもきれいです。

四国で唯一、今でもレンガを製造されている第一セラミックさん、
小さな小さな工場ですが、頑張って作り続けてくださいね。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 06:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。