2013年11月08日

ローランボーニッシュのフラワーデモンストレーション

フランス人フラワーデザイナー、ローランボーニッシュ氏の
フラワーデモンストレーションを見てきました。
1時間半であっという間に三つのブーケと二つのアレンジメントが完成。
ウェディングブーケは、グリーンがいっぱいのナチュラルなブーケでした。
ゼラニウムの葉っぱも入っててとってもいい香り・・・。

デモンストレーションローラン 011.jpg


デモンストレーションローラン 016.jpg

テーブルの上に並べられた花材をさりげなく片手でとっては束ねていきます。
さりげなくさりげなく花束が出来上がっていくのです。
まるでお花の魔術師のようでした。

束ねながらバラのお花の香りをかいで微笑んだり、
かわいいかわいいってばらを褒めたり、
ミントの葉っぱを口にしてみたり、楽しみながら作っているんです。
手元も目がはなせないし、ローランの表情も見ていたーい。
素敵なんですよね、彼の横顔・・・。
お花と華麗なテクニックと男前に釘づけ・・・。(笑い)


デモンストレーションローラン 052.jpg


フレンチシックな秋色のブーケ。

デモンストレーションローラン 066.jpg


ダリア、アジサイ、ジニア、バラの実、お庭から今摘んできたような感じです。
なんて素敵な色合いなんでしょう。


デモンストレーションローラン 154.jpg


秋にしか採れないものを使うと簡単に出来るって彼はいいましたが、
いえいえ熟練されたテクニックがないと出来ませんよね。
熟練した職人さんのことを、フランス語でアルティザンて言うんだそうです。
まさしくローランは、アルティザン、素晴らしいアルティザン。



そしてローズファームケイジの和ばらのブーケ。


デモンストレーションローラン 032.jpg


「可愛い可愛い」ってお花のお顔をみながら・・・。
本当に本当に可愛いブーケの出来上がり。


デモンストレーションローラン 039.jpg


ぶどうや洋ナシ、ざくろなど秋の実りも使ったアレンジ、フレンチっぽい。
まず葉っぱから…、そして大きなお花ダリア「黒鳥」、果物や実をアレンジ。
果物は、後から食べれるように傷つけないように・・・。
時には、果物を頬張りながら・・・。


デモンストレーションローラン 086.jpg

デモンストレーションローラン 091.jpg




デモンストレーションローラン 095.jpg


デモンストレーションローラン 149.jpg

ローラン手作りの燭台とロウソク。


デモンストレーションローラン 077.jpg

グリーンと白っぽいお花をナチュラルのアレンジ・・・。
水の入ったロウソクに植物をさして、あっちに向けたりこっちに向けたり、
それぞれを絡めたり、植物がまるで自分でそうなったかのように動きがあります。
何のお花が一番好きっていう質問に、バラが好きっていうのかと思っていたら、
雑草が一番好きって言ったローランでした。

あまりにもさりげなくすばやく出来上がるので、ローランに手当たり次第とったものを
束にしているのかと聞いたら、散歩しながらやってるでしょって・・・。
そう言えば、テーブルに置いた花材を右に行ったり左に行ったりしてとってたんです。
お庭でお花を摘みながら束ねている感じなのって聞いたらその通りだと・・・。

パリスタイルのアレンジメントって私好きだなあって思いました。
なんか私にもできそうな気がしてきました。
ボンジュルネ。













×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。