2013年12月25日

シクラメン

先日、ビオラの生産者さんのところに行った折に、出荷真っ只中のシクラメンの
ハウスものぞいて、自分用に真赤なシクラメンを選びました。


シクラメン 021.jpg


手に取って、スタッフの方に渡すと、一言
『葉組しましょうか?』
『はっ?』と私。
普通は葉っぱの中からあばれている花茎をぜーんぶきれいに真ん中に寄せて
ひとまとめにするんですって・・・。
出荷するときにも、ひと手間かけて、そうしないと高く売れないのだそうです。
それで、お店に並んでるシクラメンは、みーんなひとまとめになって、
お行儀のよさそうな子ばかりなのですね。
私は、ナチュラルな方が好き。
ハウスの中で、出来るだけあばれている子を探したのです。
よくよく聞いてみると、日本だけだそうな。
ある時、そうやって出荷されたシクラメンが高値になり、
それから高級シクラメンとして、ギフト用に高く売れるのだそうです。
きちんと感が日本人の美学にマッチしたのね。
この話をハーブ仲間が集まった時にしたら、みんなシクラメンを買って帰って、
お家で花茎をばらしてナチュラルな姿に変えて飾ってるみたい。
やっぱり・・・でしょでしょ。

私の選んだシクラメンは、ルージュ色。


シクラメン 013.jpg


フリル咲でとっても可愛い子ちゃんです。
シルバー色の花器に入れて飾っています。
よくお似合いでしょ。
やっぱり足元は、カバーしてあげなくっちゃね。


シクラメン 029.jpg


蕾さんはうつむいてて、お花が開くとたってるように見えます。
よーく見ると、花弁が反ってるだけ。

咲きすすむと、花びらと花びらが背中と背中でくっついているんです。


シクラメン 014.jpg


じーっと見てたら、花弁が動いているのが見えそうな気がします。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | plants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。