2014年08月06日

輸入壁紙

香川インテリアコーディネーター協会の輸入壁紙勉強会に参加いたしました。

日本では、壁紙は白っぽいのが当たり前ですよね。
でも海外に行くと、壁紙が白いイメージはほとんどありません。
普通に、個性的な壁紙を貼っていますよね。

忘れられない壁紙、マナーハウスのリンゴのお花の壁紙↓ 


s-2013イギリス 5680.jpg


門番のお部屋でしたが、清楚で素敵なインテリアでした。

国産はほとんどビニールクロスですが、輸入壁紙は不織物なので、
専用の糊で素人でも簡単に貼れるんです。
それも、既存のビニールクロスの上に・・・。

貼り方のレクチャーを受けて、実際に貼ってみました。
お子ちゃまでも、簡単に貼れまーす。


KICA 030.jpg


粉糊をぬるま湯で溶きます。
壁面に、たっぷりとローラーや刷毛で塗ります。


KICA 038.jpg


壁紙を端にあわせて貼ります。


KICA 040.jpg


空気をスムーサーデぬいて、余分をカットしたら出来上がりです。
とっても簡単! ずれても、すぐはがせます。
徳島のWALLPAPERHOUSUさんに行くと、
世界のデザイン140冊から壁紙を選べるんですって!
なんと2500種類も・・・、よりどりみどりです。
サンプル帳のなかに、『GARDENPARTY』っていうのがありました。
お庭好きの方には目がとまる壁紙ばかりです。


KICA 047.jpg


ちょっと気になる壁紙↓


KICA 050.jpg


海外では、壁紙とファブリックとのコーディネートも素敵です。
ピンクのお部屋の思い出。


s-イギリス. 2270.jpg

s-イギリス. 2295.jpg

s-イギリス. 2298.jpg


この時は、嬉しくって、ピンクのお洋服にお着替えしてホテルライフを楽しみました。


s-イギリス. 2403.jpg


海外のように、壁紙とカーテンが簡単にコーディネートできるともっといいですね。








posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。