2014年10月06日

クラウス・ダルビイさんのお庭U

クラウス・ダルビイさんのお庭は、シーズンオフでしたが、手入れがき届き
どこを見てもきれいでした。
ホワイトガーデンコーナーをはじめ、ピンク色、パープル色のコーナー等
花色とカラーリーフの取り合わせが素晴らしいお庭でした。


デンマーク 1590.jpg


・パリデンマーク 675.jpg


特にダリアが旬でたくさん咲きほこっていました。
きっとコレクションされていらっしゃるのでしょうね。


・パリデンマーク 687.jpg


・パリデンマーク 672.jpg

びっくりしたのは、どのダリアも鉢植えで管理されてることです。


・パリデンマーク 680.jpg


足元のコンテナは、カラーリーフと共に並べてあるので、あまり気になりませんでした。
コンテナでも大きく育てることができるものだなあと感心致しました。


デンマーク 1379.jpg


このコーナー、日本のケンゾーをイメージしたのだそう・・・。


デンマーク 1380.jpg


色調や大きさ・イメージが合わなければ、簡単にチェンジできるし、
季節季節で組み合わせをかえることができるので、
鉢植えはいいんだと言っていました。
彼は、ポッテイングガーデンと呼んでいました。


デンマーク 1542.jpg


デンマーク 1553.jpg


彼のお庭がすっきり見えるのは、ポッティングガーデン手法で、
その時期その時期の旬なお花をカラーリーフとともに、
好きなようにコーディネートしているからだと思います。
日本でもコンテナで育てている人が多いので、彼の飾り方は参考になりますね。
日本のコレクターの方は、いろいろな花色のコンテナをただ並べているだけなので
雑多なイメージになりがちですもの・・・。






posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。