2008年08月19日

イギリス湖水地方

画像 188.jpgIMG_0612.JPGIMG_0608.JPGIMG_2362.JPGIMG_0620.JPG
今まで、世界最大のガーデニングショー『チェルシーフラワーショー』を見るために
5月の下旬から6月にかけてイギリスに来ていたので、春のお庭の美しさに魅惑されて
コッツウォルズどまりで、なかなか北の湖水地方まで足をのばせませんでした。
今回の旅は、初夏7月なので思いきって足をのばすことに。
朝、9時ごろコッツウォルズを出発。
高速道路でひたすら北へ北へ・・・、今日の運転手はくまちゃん。
イギリスでも、高速道路の運転はいくら景色が良いといえども単調なので眠くなります。

ドライブインによって休憩をたくさんとりながら、着いたのは3時過ぎ、、、、。
日本で言えば、高松からちょうど富士五胡に行くくらいの感じでした。
ウィンダミア湖について案内所でB&Bを紹介してもらって宿をまず確保しました。
チェックインしてから湖水地方をドライブ。
山がなくて見渡す限り平野で地平線がみえていたコッツ地方に比べて、
山あり、湖ありと変化にとみ、石の色も黄色い蜂蜜色からグレー色に、
もちろん石造りの建物の色もシックな感じです。
お庭はまだ春といった感じで、バラがとてもきれいにさいていました。
詩人ワーズワースが多くの傑作を書いたダブ・コテージを見学して、
絵本『ピーター・ラビット』の作者ビアトリクス・ポターの家ヒルトップへ。
ピーターラビットがいまにも出てきそうなくらいの美しい村でした。
この美しい風景を楽しみながらのんびりトレッキングしている人たちが
いっぱいいました。
なんて贅沢な時間のすごし方でしょうか。
イギリスのお庭めぐりも楽しいですが、豊な自然にふれることは、
人生で最高の贅沢なんじゃないかと思いました。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。