2009年07月31日

ルネ・ラリック

IMG_5617.JPGIMG_5618.JPG

国立新美術館へ『ルネ・ラリック』展を見に行って来ました。
ルネ・ラリックは、フランスで19世紀末から20世紀半ばにかけて、
アールヌーボーのジュエリィー、アール・デコのガラス工芸、
二つの分野で活躍した人です。
今回の展示会は生誕150年を記念して、約400点もの作品が
集められており見ごたえがありました。
私が彼の作品に惹かれるのは、彼が追求したテーマが「自然」だったことです。
特にジュエリィー時代の作品は思わずため息がでてしまうほどでした。
草花や昆虫の形態など、私たちが身近に接する自然の美しさが
とても素敵にデザインされているのです。
それも私が大好きな植物ばかり・・・。
バラ、ブドウ、ケシ、パンジー、アザミ、ミモザ、ゲッケイジュ、アネモネ、
サンザシ、マルベリー、スミレ、リンゴの花、ブラックベリー、ユーカリ、
オリーブ、ツタ、スズラン・・・。
思わず見入ってしまいました。
とにかく素敵なんです。
ジュエリィーですからもちろん宝石がいっぱい使ってありますが、
単なる華美な装飾品ではなく、不思議とどれもナチュラルなんです。
きっとお庭好きの人は、みーんな好きだと思うんです。
私はいつも、自分の身の回りのものを選ぶ時、
植物やお花をモチーフにデザインされたものをさがします。
カラーもグリーンのグラデーションやお花の色を感じるもの、
もしくはそれが似合うもの・・・。
見るだけでとっても幸せを感じました。
こんな素敵な展示会を鑑賞することが出来るなんて
私ってなんて幸せなのかしら・・・。

                       Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。