2010年03月22日

プリムラ・デンティキュラータ

IMG_8892.jpgIMG_8899.jpg

プリムラは、なんと世界中の原種と園芸品種を合わせると1500種ともいわれています。


日本に自生するプリムラの仲間は、桜の花に似ていて桜の花が咲く頃に
咲くことから『サクラソウ』と呼ばれています。
日本の初めてのブームは江戸時代だったようです。
川辺などに群生していた野生種から変わり花を探したり、
交配を重ねて300をこす園芸種が生まれたそうです。
そして、当時はひな壇飾りでサクラソウを観賞していたのだとか・・・。
なんとなくその様子、想像がつきますよね。
サクラソウは私も子供の頃から母が毎年、花壇で咲かせていた愛着のあるお花です。
春休みになるとたくさんのサクラソウがお庭で咲いていました。
春の日差しをあびて、やさしそうに咲いていたのを今でも思い出します。

今年は、いろいろな種類のプリムラが出回っていて、とっても惹かれます。
先日の雪の日に仕入れてきた『プリムラ・デンティキュラータ』、
葉っぱはよく見るジュリアンのようですが、花の咲き方が茎立っていて
ピンクや紫のぼんぼりのようなかわいいお花が咲いています。
とってもキュート〜♪。
鉢で咲かせたい日だまりのようなお花です。
ガーデンズマーケットに並びましたので見に来てくださいね。

P.S 最近きれいなピンク色のお花に惹かれます。
   年のせいかしら?

                 
                  Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。