2010年05月03日

カウスリップ

IMG_9805.jpg

5年ほど前に植えてから、毎年同じところで春の日だまりのように
咲いてくれるお花、『カウスリップ』。
野生のプリムラのひとつ。

さくらそう科 サクラソウ属
学名 Primuia veris
英名 cowslip・オーキッドヘヴン
和名 プリムラ・キバナノクリンザクラ

プリムラといえば、弱そうなイメージですが・・・、いつのまにかいなくなって、
ちゃーんと春になると黄色いお花をつけてる丈夫な子です。
調べてみると、お花はエディブルフラワーとして生のままサラダに、
ジャムやピクルスの香りづけに用いたり、砂糖煮してお菓子の飾りにも使われるそうです。
乾燥したお花はティーに、風邪や頭痛にいいそうです。
ハーブなんだ。
試してみようかしら・・・。

でも「カウスリップ」(Cowslip)の名前は、アングロサクソン語の「牛糞Cuslippe)」に
由来するとか・・・。
牧場にたくさん生えていたからとか?、食べるのちゅうちょしますね。

             Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。