2010年10月03日

お庭の小さなアーチスト

雨にもかかわらず、今日もたくさんの方がお庭を見に来て下さいました。
二日間で80組もの方が見に来て下さり、庭主さんもとっても喜んでくれました。
ありがとうございました。

一日中雨が降る中、こちらのお譲ちゃんは傘をさしてお砂場で創作活動を
もくもくとしておりました。
できた作品は、とってもかわいくってほのぼの・・・。
レンガで作ったまあーるい砂場の中に、丸い砂のお家を作り、
その周りに木やお花を植え、池を作り、畑があって、洗濯物が干してある、
よく見るとペットもいて・・・素敵なお庭が出来ていました。
お庭で集めた、木の枝や葉っぱ、お花、実などを上手に使って・・・、
なんと想像力豊かなことでしょう。
大きな葉っぱのお面は、弟君のお顔にぴったり・・・。
お庭は、好奇心いっぱいの子供にとってわくわくする場所、
遊具がなくっても遊べる楽しい場所なんですね。

私も小さい頃のことを思い出しました。
母がお花好きだったので、お庭にはいつもお花がたくさん咲いていて、
ままごとに使う材料に事欠きませんでした。
時には、母の大事にしているお花や葉っぱをむしって叱られたことも・・・。
私のままごとの得意な料理は『ぎょうざ』でした。
葉っぱや根っこを小さく刻んで土と混ぜたネタを作って
大きなアジサイの葉っぱを二つに折ってネタを包み、まわりを松の葉っぱで
チクチクと縫ってぎょうざの形に仕上げていました。
何個も何個も作ってお皿に並べて・・・。
粘土質の土をこねて日干しして、お茶碗やお皿も作っていました。
お庭でのとっても楽しかった思い出がいっぱいです。

家庭って「家」と「庭」って書くように、お庭のある暮らし、大事ですよね。
そしてお庭は子供たちの心を育てるのに最適な場所です。

                           Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。