2011年03月01日

チャオー

s-IMG_5334.jpgs-IMG_5336.jpgs-IMG_5341.jpg
2月26日(土)
イタリア人と会うのは生まれて初めてのことなので、
わくわくドキドキしながら北村先生ご一行様を高松空港までお迎えに行きました。
熱い男アルベルトさん、一目見てわかりました。
オリーブオイルのビンの後ろに貼られている顔写真のまんまでした。
アンチョビの生産者のバルドーさんと共にはるばるシチリアからおいで下さいました。
ホテルへお連れして、韓国のジャーナリストのコウさんと合流。

まずは、お茶を一服。
私のお茶の師匠、石原先生がお茶席をもうけてくださり、娘がお茶をたてました。
二人の着物姿が大好評。
あんこの入ったおまんじゅうを美味しそうに食べ、お抹茶もおかわり。
日頃苦いエスプレッソを飲んでいるせいでしょうか・・・?

田舎のイタリアンが食べたいとリクエストがあったので、瓦町の『スパッカナポリ』へ。
イタリアらしい豪快な料理の出し方、お味もなかなか美味しいと喜んでくださいました。
なんとでてきた赤ワインが彼らの地元の生産者のものだったのでびっくりしてました。
アルベルトさんに赤ワインの美味しい飲み方を教えてもらいました。
グラスの中のワインまわして空気に触れさすとマイルドな味に・・・。
彼はさりげなくグラスをゆらすのですが、やってみるとなかなか難しい。
右まわりにまわすのはできても、彼の言うように左回りにまわすのはなかなかです。
途中から中野シェフもくわわり楽しい夕食会になりました。
お別れのあいさつも『チャオー』。
こんにちわもさようならも『チャオー』のあいさつでOKだそうです。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 03:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。