2011年04月23日

クリスマスローズ

s-IMG_6291.jpgs-IMG_6286.jpg
花や緑に囲まれて暮らしたいとのご要望で、2年前にお庭をリフォームさせて
いただいたお客様のところにお伺いしました。
久しぶりにおじゃますると、私の想像以上に植物が生き生きと育っていて、
素敵なお庭に成長していたので嬉しかったです。

ヤマボウシの下に植えこんだクリスマスローズがとってもふくよかに育ち、
今まさに満開できれいでした。
ちょうどリビングの窓から見えて、いい感じだと喜んでおられました。
シングルのお花の咲く子ばかり植えたつもりでしたが、手前になぜか
ダブルの子もまじっていてとっても綺麗に咲いてくれていました。
しかも、こぼれ種の芽がいっぱいでていました。
この子たちが大きくなったらどんなお花を咲かせるのか楽しみです。

やっぱり土壌改良をしっかりしたかいあったなあと思いました。
有機肥料、『バイオゴールド』のおかげ・・・?
いえいえそれ以上に庭主さんの愛情ですよね。

GARDENSの北庭では、地植えのクリスマスローズが上手く育っていません。
愛情不足???
中庭のなんの世話もしていないコンテナの子は、毎年きれいに咲いてくれてます。
しかも子ぼれ種の子が今年はきれいにお花を咲かせていました。
北庭で上手く育たないのは、クリスマスローズにとって夏は休眠期だというのに、
まわりにお花をたくさん植えているので水やりが多すぎるせいだと思います。
夏、お水がたっぷりいる植物のそばには植えないほうがいいようです。
それに北側で冬の日当たりが悪いせいもあると思います。
いろいろ見てると、落葉樹の下に群生させて植えこんだ子はきれいに
なっていますが、常緑樹の下はどうも難しいようです。
クリスマスローズをうまく育てるキーポイントは夏と冬の環境ですね。
夏は涼しい日陰で乾燥気味に育てて、冬は日差しとお水が必要ということですね。
GARDENSのどこかで、私もクリスマスローズを群生させて咲かせたいです。

Miyamoto


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。