2011年06月30日

ロンドンのコンテナガーデン

ロンドンの街歩きの楽しみは、コンテナガーデンを見ること。
玄関先やベランダ、さまざまなウィンドウのコンテナ、地植えができない
場所を彩ってくれています。

s-P1020909.jpg

植物の取り合わせや配色、鉢と植物のバランス、よいお手本ばかりです。
玄関先では、よくシンメトリィーにコンテナを置いています。
スタンダード仕立てや、円錐形の刈り込みなどのフォーマルな
植栽がよく似合います。

s-P1020916.jpg

よくみかける月桂樹のスタンダード仕立。

s-P1020938.jpg

オリーブのモダンなコンテナも見つけました。

s-P1020920.jpg

土の部分もうまく砂利でカバーしています。
最近は、スタイリッシュなものが増えてきています。
黒のコンテナに、シルバー色の葉物の組み合わせ。

s-P1020917.jpg

とってもシックでおしゃれなくみ合わせです。

s-P1020933.jpg

大小様々なコンテナを1か所にまとめて配置。
グルーピングのコツは高低差をつけたバランスです。


イギリスの代表的なフォーマルスタイルのコンテナガーデン。

s-P1020915.jpg

センターの銅葉のコルジリネがとても印象的。
コルジリネが、モダンなアクセントになり、根じめのお花が素敵。

s-P1020935.jpg


ていかかずらをコンテナに植えて、アイアンの手すりに絡ませています。

どのコンテナもグリーンの分量が多いのがイギリスの特徴です。
アイビーやツゲなど葉物が、お花の色を引き立ててくれています。

s-P1020936.jpg

よく見ると、日本でもよく見るお花たちです。
それも、どちらかというと育てやすい草花ばかり・・・。
管理が楽なコンテナばかりでした。

s-P1020932.jpg

日本だと人が持っていないような珍しい植物を植えていると
ポイントが高いのですが・・・。
管理が楽で美しいコンテナばかりでした。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。