2011年06月30日

コンサバトリー

チッピングカムデンの街を散策している時のこと、
通りからフロントガーデンを覗きこんでいたら、
そのお家の奥様とご主人様がガーデンセンターで
買った花苗をさげて帰ってこられました。
『中に入ってお庭を見てもいいですよ』とお声をかけて下さり、
私たちは、通りからお庭の中へ・・・。

s-P1010708.jpg

お庭を見ていると今度は奥様が『よかったらお家もどうぞ』と・・・。
お言葉に甘えて、玄関ドアをあけるとそこはリビングでした。
次のお部屋はキッチン、そしてサンルーム。

s-P1010717.jpg

お庭に突き出るように増築されたガラス張りのお部屋は、
居間やキッチンなどと扉で通じているのが一般的で、
温室を兼ねた 寛ぎスペースです。
英国ではコンサバトリーと呼びます。

最近お家を購入してリフォームしたばかりだそうで、
コンサバトリィーには床暖房を入れたそうです。
気持ちよさそうな空間です。
メインのリビングとして活用しているみたい・・・。
日々、お庭を眺めて暮らしているのですね。うらやましい。

s-P1010726.jpg

お庭から見ると3軒長屋の真ん中。
ピカピカのコンサバトリーでした。

s-P1010718.jpg

コンサバトリーを出ると奥に奥にとても長いお庭がありました。
お庭の方も、いろいろな果樹やお花を植えたばかり・・・。
奥様、ガーデニングのお教室に通っているところだそうです。
奥様と植物談議に花が咲きました。
英語がダメな私でも、草花のことだけは話が通じます。
世界中どこへ行っても大丈夫かも???
そうそうお家の中が、とても方付いているのにはびっくりしました。
キッチンのカウンターの上には何もなくすっきり。

s-P1010715.jpg

いつなんどきでもお家の中に人を通せる…。
ガーデンセンターから帰ってきたばかりで、急いでお方付けしなくても
人を招くことができるなんて・・・。
街の散策をしながら、フロントガーデンを眺めていると、
カーテンもしていないので、ついつい窓の中を覗きこんでみたくなります。
窓ごしに見えるどちらのお宅のお部屋もとっても方付いていました。
イギリス人は収納上手なんですね。

私なんか不意のお客様が来ても、お家の中が散らかってて
どうぞなんて言えません。
暮らしぶり、見習いたいものです。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。