2012年12月04日

ナンキンハゼのリース教室

12月1日、まなび館でリース作り教室をしました。
主催は高松玉藻三越通り振興会さま。

s-吉谷桂子 017.jpg

この三越通りには、H16年の高潮被害で街路樹が枯れ、新たに55本の
ナンキンハゼが植えられました。
そして大きく成長して、この季節になると白い実をたわわにつけてくれています。
この実を使ったリース作り、今年で4年目。
郵便局員様をはじめ地域の方、30名もの参加です。
毎年参加されてる方もいらして、おかげさまで大好評です。
実は、このリース教室が開催されるのも、別所様ご夫妻の尽力のおかげです。

s-吉谷桂子 023.jpg

ダンディーなご主人様ととっても素敵な奥様でしょ。

別所様はこのあたりの清掃ボランティアを熱心にされております。

そもそもH17年の植樹に先立って、清掃活動に立ちあがった方々のおかげで
現在この三越通りは、高松玉藻三越通り振興会の皆様が共同で
清掃に取り組まれています。
プラス三越様や郵便局様も自主的に清掃活動をされており、
このあたりがいつもきれいに保たれているのは、清掃ボランティアの皆様
あってのことなのです。
この街で気持ちよくお買い物できることを感謝しなくてはなりません。

別所様は毎年、街路樹の伐採時に枝や実をいただけるよう土木事務所に
かけあって下さり、GARDENSも毎年自然の恵みをいただきに行っております。

s-miyamoto 422.jpg

s-miyamoto 433.jpg

s-miyamoto 425.jpg

リース作りの呼びかけはもちろん、リースにつけるアメリカフウやまつぼっくりも
すべて用意してくださり、この教室がなりたっているのです。
また、このナンキンハゼの炭酸ガス吸収量を実査したり、やさしいまち作りの
ボランティア活動、頭が下がる思いです。
一本一本の草を抜き、一つひとつのゴミを拾うのも「作業」でなく活動。
非力ではありますが私もその活動の一環のリース作りにたずさわれてること、
嬉しく思っています。

s-別所 002.jpg

別所様が自主的に作られている会報誌に書かれているように、
このナンキンハゼの街路樹がとても美しいグリーン並木になり、いつの日か、
高松のシンボリックなロードパークになる日を願ってやみません。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 08:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
吉谷先生の ブログを拝読しました。
名前の訂正を お知らせしましたが・・・。
それにしても 少し内容を変えられたのは
どうしてでしょう・・・?
Posted by aminn at 2012年12月05日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。