2013年01月30日

キューガーデン

ロンドン南西部のリッチモンド地区にあるキューガーデンに行きました。
正式名称はキュー王立植物園、2003年には世界遺産に登録されています。
地下鉄キューガーデン駅で降りて、案内図を見てると、年配の女性が
声をかけて下さり、道を教えて下さいました。
英語がダメな私でも、この手の話はフィーリングでなぜかわかるのです。
住宅地を抜けるとすぐのロケーションでした。

s-2013イギリス 798.jpg

入り口で入場料を払おうとしたら、ラッキーなことに、機会が故障しててフリーパス。

とにかく広くって、まず有名なバームハウスへ。

s-2013イギリス 745.jpg

s-2013イギリス 747.jpg

キューガーデンの象徴のような温室です。
ヴィクトリア時代のガラス建築としても貴重な建物です。
名前のとおり南国のヤシ類、パームを展示する温室でした。
南国の植物が年月を経て、うっそうと茂っていました。

s-2013イギリス 748.jpg

次にプリンセス・オブ・ウェールズの温室へ。

s-2013イギリス 778.jpg

故ダイアナ妃によって建てられた温室、三角形が重なった斬新なデザイン。
集められた植物達もモダンでかっこいい空間でした。

s-2013イギリス 781.jpg

綺麗な色のお花も咲いていました。

s-2013イギリス 790.jpg

ここは居心地が良くって、まったりとしてしまいました。

s-2013イギリス 783.jpg

こんな募金箱がところどころに。

s-2013イギリス 765.jpg

温室内もお外のお庭も、たくさんの方が手入れをしていました。
芝生のエッジを せっせとカットしているお兄さんに声をかけ、
写真を撮らせてもらいました。

s-2013イギリス 762.jpg

s-2013イギリス 763.jpg

カニ歩きです。

ローズコーナーで一人でバラを誘引していた綺麗なお姉さん。

s-2013イギリス 769.jpg

s-2013イギリス 770.jpg

とっても丁寧に誘引してるので見入ってしまいました。

s-2013イギリス 766.jpg

春の開花時の美しさは、この冬の手入れありきですね。
ちゃーんと計算してカットし、誘引してるのですね。

広くて歩いても歩いても・・・。
時間の都合で半日できりあげましたが、
次回はゆっくり一日かけて、見てまわりたいなあと思います。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。