2013年02月05日

クリフトン・ナーサリ―ズ

穏やかな住宅街にあるクリフトン・ナーサリ―ズ。
1831年創業のロンドンで最も歴史のあるナーサリーだそうです。

s-2013イギリス 662.jpg

住宅に挟まれたとっても狭い入口です。

s-2013イギリス 663.jpg

小さな通路を抜けると、入口からは想像も出来ない、緑の空間。
ゆったりとした敷地の中では、草花やグリーン、植木鉢や
ガーデングッズの販売、レストランも併設しています。

s-2013イギリス 665.jpg

s-2013イギリス 666.jpg

s-2013イギリス 688.jpg

温室のような建物の中では、らんや観葉植物等、インテリアグリーンが
いっぱい。
苗売り場は、グリーンが多く、そのまま買って帰ってお庭においたら
素敵なものばかりでした。

s-2013イギリス 702.jpg

s-2013イギリス 711.jpg

お花はこちらのナーサリーがセレクトしたカラーの花苗だけのようです。
パンジーとプリムラ両方とも紫色と白色だけが並んでいました。

s-2013イギリス 695.jpg

日本のように、いろんな色を取りそろえているわけではないのです。
日本では、生産者さんから出荷されるトレ―が既にアソートされた花苗
なので、ショップがいろいろな色であふれていますよね。
お店のおしゃれ度が違います。

昨年、シクラメンの生産者さんのハウスの中で咲いたお花を見せてもらい、
濃い紫ピンクの一色だけを20トレ―仕入たいと言うと、困った様子。
アソートしたものを出荷しないと売れないと言い、一色だけをたくさん出荷
するのは困るというのです。
しかも、私が一番選ばない朱赤が一番人気で、私の好きな深紅色や、
濃い紫ピンク色のシクラメンは人気のない色だと言われて・・・。
だから、アソートされて出荷されてる苗の中には、私の好きな色が
少ないわけ・・・。
その根拠はどこから???
大量販売してくれるホームセンターさんから???

GARDENSマーケットは花苗もセレクトしたカラーだけに
していきたいと、ますます思いました。




posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。