2013年07月18日

ハンナムコート

吉谷桂子先生と巡るイングリッシュガーデンの旅、3番目に訪れたのは
『ハンナムコート』。
チャールズ皇太子の庭をデザインしたI&J Bannerman夫妻の元自宅庭です。

吉谷先生がおっしゃってた、『コンバイニング with プランツ』、
お庭は植物を組み合わせた芸術であるという言葉の通りでした。

s-イギリス 378.jpg

緑の彫刻と咲きみだれる花達。

s-イギリス 392.jpg

s-イギリス 440.jpg

s-イギリス 484.jpg


枝垂れる、絡まる、こぼれ咲く・・・。

s-イギリス 425.jpg

s-イギリス 394.jpg


それに豊かなデザインの構造物が見え隠れして美しい庭風景を作っている。

s-イギリス 466.jpg

s-イギリス 448.jpg

s-イギリス 403.jpg

s-イギリス 523.jpg

ガーデンアートですね。
イングリッシュガーデンの奥行きの深さを知る思いがしました。



posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。