2013年08月10日

あじさいのリース


今日も、高松は35度をこえる暑さでした。
あまりにも暑くって・・・植物達もかわいそう。
昨日、お花をつけているのがしんどうそうだったので、あじさい
『エンドレスサマー』のお花をカット。

お昼すぎにちょっぴり時間があいたので、リースを作りました。

リースの台座がなかったので、急遽ワイヤーを丸く輪にして、フラワーテープを巻きつけて
台座を作りました。

s-DSC07198.jpg


ワイヤーだけだとツルツル滑って、お花をつけにくいのです。
フラワーテープを巻いた方が作り易いのです。

そしてあじさいのお花を株ごとにカットして、丸く輪にした台座に取りつけていきます。


s-DSC07206.jpg


リース作りに適しているのは、水分が少し残っているお花。
茎もお花も柔らかいので、取扱いしやすいのです。
完全にドライなものは、茎がポキッとおれたり、パラパラとお花が落ちるので、
作りにくいのです。

30分くらいで完成!

少しくすんだような渋い色合いが素敵なリース。


s-DSC07220.jpg


s-DSC07227.jpg


ベリィーちゃんにも、おすそわけ・・・。


s-DSC07230.jpg


あじさいの耳飾りと首輪です。
かわいいでしょっ。




posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮本さん、おはようございます。
ふふふ、ベリィーちゃん、かわいい。

紫陽花のリース、なるほど〜、完全にドライなものでない方がいいんですね。

週末、ちょうどアナベルのドライでリースを作ったのです。
その場で簡単に思いつきでやったものなので、テープもなし。
うちの藤をカットしたときにこれまたその場で思いつきで作ったリースに差し込む形で作ったのですが、
やはりぽきぽき折れて、お花も散って・・・

次はアドバイス通り、完全にドライになっていないものを使ってみます。
Posted by hana at 2013年08月12日 22:51
hanaさん、やってみて。完全ドライでない方が簡単にしかもきれいに出来るから・・・。
Posted by miyamoto at 2013年08月13日 06:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。