2014年04月05日

和のボタニカルアート

門脇俊一さんの『草花百点』が届きました。


001.jpg


赤い箱を開けると、百枚の四季の花の絵が・・・。


005.jpg


描いた日にちと彼の歳まで書かれています。

今時分に描かれたもの↓


009.jpg

010.jpg

011.jpg


008.jpg


まさしく和のボタニカルアートでしょ。
一年間楽しみです。

実は、観音寺の知人のところに行く度に、
その時節のお花の絵が飾られていたのをずっと見てて、
いつも素敵だなあって思っていたんです。
ご近所の門脇俊一さんの描かれたもので、
大成建設が以前、100枚を色紙額に入れて飾れるようにと
100枚の印刷画を冊子にしたものだとお聞きしていました。
随分前(1993年)のものなので、手に入らないかなあと思って
おりましたが、ネットでゲット!

次はこの絵に似合う額縁をさがさなくっちゃ・・・。


posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に・・・個性的な植物画に触れました。季節感が力強く、しかも生き物の生態が美しく表現されていて、思わず引き寄せられるような迫力感。良い出逢いでした・・・。



Posted by 高橋英孝 at 2014年04月08日 14:07
高橋先生、魅惑される絵画でしょ。
一年中楽しめるのがまた嬉しい!
Posted by miyamoto at 2014年04月14日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。