2014年02月22日

大徳寺庭園見学研修会

大徳寺庭園見学研修会に参加しました。
今日の京都は、雪もちらつきとても寒い一日でした。
まず、龍源院へ。
方丈の庭。


大徳寺 042.jpg


北庭は、日本最古と言われている平庭式枯山水。


大徳寺 070.jpg


東坪庭は、小さいけれど格調が高い庭。


大徳寺 040.jpg


吸い込まれそうな感じ・・・。

そして非公開の大徳寺本坊。
お庭だけ撮影をさせてもらいました。
南庭は広い白砂の庭。


大徳寺 087.jpg


東庭は小さな石組が配置されたシンプルな庭。


大徳寺 114.jpg


今は背景に生垣がありますが、昔は何もなく、鴨川や比叡山が望めたようです。
本当は借景庭園だったのです。
ちょっと想像をしながら眺めると、石組の見え方も違ってきます。

最後にここもまた非公開の孤蓬庵へ。


大徳寺 167.jpg


入り口には↓


大徳寺 147.jpg

こちらは写真を撮影することができなかったので、感動と共に、
しっかり目の奥に焼き付けてきました。
遠州は建築・造園に限らず斬新な作品が多いのですが、
こちらは特に素晴らしかったです。
遠州らしく大胆かつ繊細なデザインで、細部にいたるまで工夫がされており
見ごたえがありました。
インナーテラスとでもいいましょうか、家の中なのに
外とつながっている茶室には、驚きました。
そこから見える露地も素晴らしかったです。

今日の講師は、吉田昌弘先生と小林正典先生。
専門家の講師による解説をもとに庭園を見ると、日本の庭はとっても面白い。
日本庭園は知識があるほど、理解が深まり、楽しく見ることができると思います。
庭の別の見方や、作庭の裏話など、先生方の話題が豊富なので
参加者の皆様と話が盛り上がり、楽しい見学会でした。



posted by GARDENS 庭 ガーデニング ガーデニングデザイン 施工 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本庭園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。